Webサイトが便利に

cmsを導入することでできることはさまざまに増えています。たとえばWebサイトをつくるときは通常、製作会社に依頼をして、みんなの要望を取りまとめ、打ち合わせをして、製作をしてもらい、それをまた検討して……というように大変な時間がかかることになります。専門的な知識を持ち合わせていない人が多いですから、余計に時間がかかってしまいますね。しかし、cmsがあれば、そうした手間がすべて省けます。

なぜなら一定のデザインのなかから選び、自分たちで作ることができるからです。システム化されているために、専門分野でない人でもカスタムできるという点は、とても大きいでしょう。

さらに、注目すべき点は、デザインだけでなく、データベースなどの一定の規則性があるものが使いやすくなったことではないでしょうか。データベースは基本的なページの作りは同じになり、その内容だけが変化します。つまり、cmsがなければ毎度同じページを一から作ることになるので大変不便と言わざるを得ません。

他にも、カテゴリーやコンテンツをシステム化しておけばさまざまな人が自由に更新でき、データベースを効率的に更新していくことができます。このことにより、以前まで紙面で作業していたようなことも全てコンピューターで管理できるようになるというわけです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket