cmsを正しく使おう

データベースを使うことでwebサイトの管理がずいぶんと楽になることがあります。規則性のあるホームページであれば不自由なく扱うことができるでしょう。しかしながら、企業のwebサイトをつくるとなれば、それなりに自由度が必要になり、データベースを使わないほうがよいということもありえます。だからこそ注意しておきたいのがcmsが自分にとって使い勝手のよいものをきちんと選ぶことです。なんとなくで選んでしまうと返って使い勝手が悪いなどの弊害が出てきますし、webサイトも思っていたようにデザインできなくなり自由に作ることができないこともあります。適当に選ぶのではなく、できるだけ自分たちの使いやすいものを利用しましょう。

cmsが導入されたことにより、じつに多くのwebサイトの管理が楽になり、誰もがページを簡単に作ったり管理したりできるようになりました。これは非常に画期的なシステムで、今となってはないことのほうが考えられないでしょう。

しかしながら、自分たちでさらに使いこなすようにするにはまず、cmsの特性を理解し、自分たちの希望に添っているかを考える必要があります。なんとなくで選ぶのではなく、cmsの機能を理解して、役立てることが重要になるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket