cmsとは?

cms(コンテンツマネジメントシステム)という言葉をご存知でしょうか。これはWebサイトを更新したり管理したりするシステムのことを指し、現在さまざまなホームページを作ったり更新したりするうえで欠かせない技術となっています。なぜなら、専門家でなくても自由にwebサイトを管理できるシステムを作り上げているからです。通常Webサイトを更新したり管理したりするには、さまざまなWebの専門知識を持たなければなりません。

しかし、Webサイトを更新している全ての人が専門知識を持っているかといえばそうでもありません。たとえばHTMLやCSSなどといったことばを知っている人はとても少なく、実際は専門的なことを知らなくてもできるようになっているのです。さらに、たとえ知識があったとしても、毎度毎度いちいちページを一から作り上げていたら膨大な手間と時間がかかります。たとえば画像やテキストを挿入したり、ほかのページにリンクできるように設定したりといったような作業が挙げられ、こうしたことはWebサイトを更新するうえでつねに降りかかってくる作業なので、効率化しておきたいところです。

そしてついに生まれたのが、このcmsです。一昔前までは専門的な知識を持ち、手間のかかる作業を毎回やらなくてはなりませんでしたが、このシステムが導入されたことで、そうした手間や知識がなくてもサイト更新や管理ができるようになり、たくさんの人がwebサイトを更新し続けているというわけです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket